ソリューション・フォーカス・アプローチ

家族理論を実践に活かすための講座、今回は「ソリューション・フォーカス・アプローチ」の講座メモです。

MRIがClに対して行ったアンケート「何回の治療で治りたいか?」平均は4~5回にもかかわらず、半年から一年以上かかっていた。

Brief Therapyが発展した背景:保険会社が精神分析(時間がかかる)とBT(短期)の効果をユーザーベースで確認した結果、大差はなかった→5回とか10回までしか支払わないと決めた。

書籍:「21世紀の心理療法」やり方、理論は異なるが目指すものは同じではないか 変化は常に起こっている。例:授業で学生がつまらなさそうに下を向いている→先生がそれを察知しておもしろい話をする、それによって先生は操作されている。

面接の予約をしたときと、当日ではほぼ100%状態はよくなっている。一度も先生には会わずに予約してはキャンセルを15回ほど繰り返し回復したClがいた。後日連絡があった→常に人間は悩みを軽減するリソースを持っている。 例外:問題がある日常が当たり前になっているから「上手くいったとき」は例外となる。

不登校:母がぎゃんぎゃん言っても起きないのであれば→ボディープレス、水かけなど何でもいいから変わったことをして異なるパターンを実践する。

私は悪くないけど(コンプレイナント60%)、ちょっとのぞいてみようかな(ビジター20%)、状態がよくなれば嬉しいし(カスタマー20%)というパターンが多い。

「がんばり屋さんですか?」:前向きに物事を解決していることを評価した物の言い方。

エリクソン:面接を全部録って秘書にテープをおこさせ、キーワードをピックアップしていた。各Clのよく使う言葉を意識しながらすすめることが大切。

Clの歴史など、アセスメントによりどのように語るのか、どう考えているのか、物の考え方を理解しようとすることが大切。

引き算を前提とした目標設定はしない。足し算の設定をする。「うつを失くす」→引き算、「週に3回以上学校に行く」→足し算